源液EC1.0

Aタンク                夏           冬          夏摘芯     
硝酸カリウム            36.1         33.9         31.8
第一リン酸アンモニウム     3.0          5.4          2.7
第一リン酸カリウム        3.6          0.8          4.6 
硫酸カリウム            4.5          8.4          7.7
硫酸マグネシウム         23.9         23.9         21.2
レキソリン              1.3          1.3          1.3 

Bタンク
硝酸カルシウム4水塩       33.2         33.2        29.5
DTPA鉄               2.5          2.5         2.5   


この数字をもとにしてEC2.0になるように源液タンク(1トン)を作っています。
EC2.0になるようにと言っても×2で入れてるだけで、何で?と聞かれると業者さんが言ってたから。ですが・・。実際には僕にはよう分からんが正直な所です。

今回の原因仮説のつづきで、気象条件(温度)が上がった時に冬処方でリンアンを7キロ、リンカリを3キロくらい入れた源液でEC2.0の給液を一日三反で5トン~6トンやっていればここまでにはなってなかったのではと思います。


それと一つ強烈にアーーーって言う原因を思い出した!
けど、これはここには書けません。℡でお願いします。


とりあえず僕の知っている処置でEC1.8で今日八時~一時半までの間で8.4トン給液でかけ流しの作業をしました。
本来の指導ではEC0.5~1.0くらいの給液でかけ流すのが基本らしいのですが、味の心配があるのでEC1.8にしました。
目的は取り合えず溶液の入れ替えをしてPH&ECが安定数値に落ち着いてくれたらと思いまして。です。

よく分からないが地球にごめんなさいかもしれない・・。

葉っぱのようすです。
b0122834_1925361.jpg


すみません!所用とトマト配達のため出かけます。
    
[PR]
by mineyabukogi | 2009-02-21 19:28 | トマト魂(トマト栽培)
<< 小さくて大きなお客様 周り >>